現場ですぐ使える「SpringMVC+Mybatis」のJAVAコーティング・ロボットを好評派遣中!

システム開発を内製化するには?採用とローコードツールについて


システム開発を素早く行うために、社内で開発体制を整えたいという声が多くなってきています。
ではなぜこのような声が増えてきたのでしょうか?
今回はシステム開発の内製(インハウス)化について解説していきます。

開発にスピード・柔軟性が求められる時代

ITがビジネスや生活で活用されることが増えてきました。
この影響で、システムやアプリの開発サイクルには大きな変化がもたらされました。

以前に比べ、格段に変化が早くなった市場のニーズに応えるためには、スピード感を持った業務アプリケーションの開発が必要です。

既に海外では、短いサイクルで開発工程を繰り返すアジャイル開発や、システム開発を素早く行うことができるローコード開発ツールが参入してきています。

コロナウイルスの影響もあり、ITを活用したビジネスが加速し、DX(デジタルトランスフォーメーション)が重要視されてきています。

こうした時代に対応するためには、システム開発を素早く・柔軟に対応できるような体制が必要になります。
システム開発を素早く行うために、社内で開発を行う内製(インハウス)化が話題になっています。

システム開発の内製(インハウス)化のメリット・デメリット

社内で開発を行う内製(インハウス)化が話題になっているとお話してきましたが、実際に内製化をするメリットやデメリットもお話しておきます。

内製化のメリット

内製化のメリットはいくつかあります。

1つ目は、現場からの要求に応じて、迅速かつ柔軟に対応することが出来るスピードの速さです。
外部に委託した場合は、納期などが決められており、急な仕様変更などは難しい場合があり、追加分のコストもかかります。
社内にエンジニアがいることにより、急なシステム対応ができ、コストも抑えることができます。

2つ目は、社内の業務に詳しい人間が開発することにより、ユーザー側のニーズを把握し、システムに反映させることができることです。
外部に委託した場合に比べ、ユーザー側の気持ちをくみとったシステム開発ができるようになります。

3つ目は、開発したシステムの中身を正確に把握でき、今後の追加要望にも対応できることです。
システムを把握した人間が社内にいるため、機能追加する場合など、スムーズに対応することができます。

内製化のデメリット

社内システム内製化の主なデメリットは、開発に必要な人材を人数分確保し、維持してくことがあげられます。
開発時に何とか人をそろえて開発したものの、のちに開発者がいなくなり、システムがブラックボックス化してしまう可能性があります。

上記のような場合になると、内製化が無駄になってしまう可能性があります。

もう一つが、品質の問題です。
開発を主に行っている外部のIT企業に開発を頼んだ場合、品質はある程度保証された状態で納品にされます。

内製化した場合、経験や人数面などが外部に比べ少なかったり、要望を反映させるために納期が短かったりと、品質が落ちる可能性があります。

内製(インハウス)化に必要なもの

システム開発を社内で行うためには、エンジニアが必要不可欠になります。
日本企業は海外の企業に比べ、システム開発を外部で行うことが非常に多く、社内にエンジニアがいないことも珍しくありません。

そのため、システム開発を行うことができるエンジニアの採用活動や、社内から開発できる人材を育成する必要があります。

しかし、外部からエンジニアを採用するのは意外と難しく、中々すぐには見つからないことが多いです。
そんな時は、社内で人材を教育するやり方があります。

開発言語を一から覚えるのは、ハードルが高く、実現が難しい場合もあります。
そんな時は、ローコード開発ツールがおすすめです。

ローコード開発ツールとは?

ローコード開発とは、普段はプログラミングをせずにシステム開発をして、必要に応じてプログラミングでの拡張もできるシステム開発ツールです。
プログラミングを高レベルまで上げることなく、システム開発を行うことができます。

似たもので、ノーコードと呼ばれるものもあります。

違いとしては、ノーコードはプログラミングせずにシステム開発を行い、ローコードは必要に応じてプログラミングでの拡張もできるというところです。

プログラムを追加することで、既に用意されたシンプルな機能をさらにカスタマイズすることができ、ローコードの場合はより高機能なシステムを開発することができます。

従来の開発手順を省略しながら、値段を安く・早くシステムを作成し、大規模なシステムも視野に入れることができます。
スピードが求められている現代では、ローコードツールの導入を考える企業も増えてきています。

内製(インハウス)化が難しい場合はどうするべきか?

時代の変化により、内製(インハウス)化が話題となっていますが、正直なところ簡単ではありません。
社内にエンジニアを採用することや、ツールを導入して社員の方を教育するなど、やり方は様々ですが、始めるのにはハードルが高いのではないかと思います。

そのような場合は、素早く・柔軟に対応してくれる外部の会社を探すことをお勧めいたします。
弊社では、ローコード開発ツールの「ワンダーロボ」や高速に開発ができる「高速開発体制」を整えています。

ご相談だけでも構いませんので、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら

DX時代のシステム開発?ノーコード・ローコード開発!


最近では、DX(デジタルトランスフォーメーション)という言葉が一般的になってきました。
様々なデジタル化により、人々がITツールに触れることも多くなり、会議システムを利用した営業や、テレワーク勤務などが主流になりました。

そんな中、システム開発をより簡単に行うことができるツールも出てきています。
ノーコード・ローコード開発と呼ばれ、従来の開発で必要になるプログラミングを使用することなく、システム開発を行うことができます。
誰でもシステム開発ができる時代が近づいてきていますが、それぞれのツールにも特徴があり、こちらを理解した上で学ぶことが重要になってきます。

ノーコード(NoCode)開発とは?

ノーコード開発とは、ソースコードを記述することなく、Webサイトやアプリ開発を行うことができる開発手法になります。
プログラミングをすることなく開発することができるため、非エンジニアの方でも、システム開発を行うことができるようになります。

ノーコード開発は、プログラミングをせず、直感的な操作で開発ができることから、スピーディーな開発が可能です。
通常のプログラミングで開発を行い、数カ月かかるものが、ノーコードの場合は数週間でできることもあります。
期間がかからないため、コストを抑えて開発できます。

一方で、簡単に開発できることから、シンプルな開発に向いており、大規模システムの開発には向いておりません。
ソースコードを記述しないため、機能が限られていることが多い傾向があります。自由度に関しては、プログラミングのほうが高いと言えます。
また、プログラミングはしませんが、ツールの使い方など学習する必要はあります。

ローコード(Low-code)開発とは?

ローコード開発とは、ノーコードのようにプログラミングを全く必要としないわけではなく、プログラムを少しだけ記述する場合があります。
プログラムを追加することで、既に用意されたシンプルな機能をさらにカスタマイズすることができ、ローコードの場合はより高機能なシステムを開発することができます。
従来の開発手順を省略しながら、値段を安く・早くシステムを作成し、大規模なシステムも視野に入れることができます。

ノーコード開発のデメリットを失くすことができますが、プログラミングの経験・考え方が必要になることがあります。
プログラミングを高レベルまで上げる必要はありませんが、全く学習しないというわけにはいかなくなります。

ワンダーロボでの開発

ワンダーロボは、弊社で開発したシステム自動開発プラットフォームになります。
ローコードツールに近い形になりますが、プログラミングは必要とせず、日本語でシステムの設計を記述していく形になります。設計書を日本語で作り、それをワンダーロボが読み取り、自動で開発いたします。

システムの設計を日本語で追加できるため、ノーコードのデメリットである、自由度の低さを失くすことができます。
そのうえで、ローコード開発ほどプログラミング知識を必要としません。
拡張性の高いシステムをプログラミングができない方でも扱うことができるようになります。

また、日本語で記述した設定をソースコードとしてダウンロードすることができます。
システムを作成し、プログラミングを用いたカスタマイズを加えたい場合、カスタマイズができます。
ダウンロード機能により、ワンダーロボを仮に使えなくなった場合でも、今後も利用することができ、リスクヘッジできます。

開発する際のインプット・アウトプット

ノーコード・ローコード・ワンダーロボで、メリット・デメリットなどの違いを紹介してきました。
それぞれで違いはありましたが、大きな違いの一つにインプットとアウトプットがあります。

インプット

ノーコード・ローコードでは、設計書を作り、設計書を元に人の手で開発を進めていきます。
一方ワンダーロボでは、設計書を作成したら、そのままAIが設計書を読み取り自動で作成いたします。
設計書を元に開発する場合、開発したシステムで、ヒューマンエラーが発生することがあります。
ワンダーロボの場合、AIの自動読み取りになるため、開発の段階でエラーがわかります。
また、AIの機能でエラーを自動で修正することもできます。

アウトプット

ノーコード・ローコードでは、最終的なアウトプットの形式がシステムになります。
ワンダーロボの場合は、コードダウンロード機能により、システム・コードのどちらかを選ぶことができます。

 

すべての人が開発できる環境作り(SDGs推進)

弊社では、すべての人がシステム開発に取り組める環境作りを目指しています。
そして、覚えたスキルを活用して雇用につながり、活躍できる場を作っていければと思っています。
ノーコード・ローコードのおかげで、システム開発は以前よりも挑戦しやすくなりました。
しかし、ノーコードでは開発できないシステムがあったり、ローコードでは学ぶのが難しい場合もあります。

ワンダーロボでは、それらのデメリットを少しでも解消し、より多くの人がシステム開発を行うことができる環境を作れるよう、支援していければと考えています。
弊社ではSDGs(持続可能な開発目標)に取り組み、持続可能な開発ができるように心がけています。
ワンダーロボを学ぶことで、すべての人々が開発に取り組めるよう、今後も活動していきます。

もしワンダーロボにご興味頂けましたら、下記よりご連絡ください。

お問い合わせはこちら

ワンダーロボでiOSアプリ開発が可能になりました


この度ワンダーロボで開発したシステムを、スマートフォン向けのコードとして出力することが可能になりました。
ワンダーロボは、プログラミングスキルがなくてもシステム開発を行うことができるAIロボットになります。
設計書に日本語で要件を記述することで、自動でシステムを開発いたします。

今回追加された機能により、iphoneで必要なswiftのコード出力をすることができ、Webシステムを作成した際に、
アプリの展開も視野に入れることができます。

実際に、ワンダーロボで作ったシステム「WR Skills」をアプリにいたしました。
「WR Skills」は、社内でのIT教育を可能にするアプリです。

WR Skills

プログラミングスキルがない場合でも、システム開発からアプリの展開を行ったり、システム開発を行っている際にワンダーロボを導入することで、様々なコストを削減したりすることができます。
システムを作りたい方に役立つ機能を実装し、少しでもビジネスチャンスに繋げていただけたらと思います。

システム開発を考えている企業様

ワンダーロボはプログラミングができなくても、システム開発をすることができます。
以前実装されたエラー自動修正機能や、今回実装されたアプリコードの出力により、自社でシステムを開発しながら、事業展開を行うことができます。
さらなるカスタマイズを加えたい場合は、ソースコードの出力により、エンジニアとの連携も可能なため、ワンダーロボに依存せずに開発を進めることができます。

実現したいシステムのアイデアがあるお客様でしたら、システムを自分で開発ができる時代が来ています。
この機会にぜひ、ワンダーロボをお試しください。

より詳しい情報はこちらから
ワンダーロボサイト

お問合せ/ご相談はこちら

ワンダーロボに新機能が追加されました


エラー修正機能が追加されました


システムを自動開発する「ワンダーロボ」にエラー修正機能が追加されました。
従来では、エラーがあった際にエラー修正が必要でしたが、新機能により、自動修正が可能になりました。
エラー箇所をワンダーロボが自動修正し、システム開発をよりスムーズに行うことができます。

 

誰でも扱いやすくなりました

ワンダーロボにエラー修正機能が追加されたことにより、ワンダーロボに詳しくない方でも、気軽に扱うことが可能になりました。
エラーが起きても自動で修正してくれるので、記述方法を習得するだけで、システムを自動で開発することができるようになります。プログラミング知識のない方でも、システム開発が可能になります。

最終的にはソースコードのダウンロードもできますので、プログラミング知識のある方にカスタマイズしてもらうこともできます。ノーコード開発の課題点として、下記のようなことがあげられることがあります。

①ツールによってできること・できないことのがある
②拡張性
③プラットフォームへの依存
④メンテナンス性

ソースコードのダウンロード機能により、上記の課題を解決できます。
課題を解決したうえで、どなたでも気軽に扱うことができるシステムになっております。

ワンダーロボの詳細はこちらから
https://www.wonder-robot.com/

システム開発を行いたい、ワンダーロボに興味があるという方は、お気軽にご連絡ください。

 

お問合せ/ご相談はこちら

在宅勤務推進!応援キャンペーン実施中


新型コロナウイルスの影響により、リモートワークで働く企業がかなり増えてきましたね。
慣れない状況でのリモートワークは、どの企業でも最初が大変だと思います。

弊社では、少しでも皆様のお役に立てるように、「新型コロナに負けるな」応援キャンペーンを実施しています。在宅勤務での管理にも対応した、クラウド型の勤怠管理システム「i勤怠」を半額でご提供しています。

ボタンを押すだけで、出勤を行うことができ、リアルタイムで状況を把握できます。
従業員の勤怠データを正確に把握できるので、労働基準監督官に書類の提出を求められたときに、スムーズに対応できます。
働き方改革法案にも対応した勤怠管理を考えています。

勤怠機能以外に、日報機能を搭載。
作業内容及び作業成果を、日々記録することができます。

毎日の作業進捗と仕事内容を把握し、可視化いたします。
すぐ利用できる勤怠+日報管理で、在宅勤務を支援いたします。

おかげさまで、大手グローバル向けコンサルティング会社様にて、250人のプロジェクト管理の実績があります。
4年間ずっと愛用いただいております。

より詳しい内容につきましては、下記のURLより見てみてください!
https://saasforce.co.jp/Product/kinmu/index.html

少しでもご興味いただけましたら、是非お申し込みください!
ご連絡お待ちしております。

システム開発は在宅勤務に適しているのか?


皆さんは在宅勤務にどんなイメージをお持ちですか?
在宅勤務は、会社に出勤せず、自宅で就業する働き方のことです。
政府による働き方改革の推進もあり、近年では在宅勤務を取り入れる企業も増えてきました。

在宅勤務のほとんどは、自宅のパソコンと、勤務先のサーバーとネット回線をつなぎ、情報の共有をして行います。
デザイナーやエンジニア、ライターやCADオペレーターなど、パソコンで作業できる職種で多く採用されています。
この記事では、「システム開発は在宅勤務に適しているのか?」をテーマに、解説していきます。

システム開発は在宅勤務が可能か?

少子高齢化を背景に、労働力不足が深刻化する中、今後は労働力確保や生産性の向上が必要になります。
一人一人の業務効率化や働き方を見直す必要があるのです。

こうした問題に在宅勤務は向いているのでしょうか?
答えはYESです。

在宅勤務制度の目的は、主に労働人口の減少に対応するための施策であるとされています。
長時間労働の見直しや労働生産性の向上を目的としており、これらの問題点も在宅勤務を採用することで解決できます。
パソコンで完結するシステム開発への適用は適しているといえるでしょう。

在宅勤務採用によるメリット

一人一人の生産性の向上

勤務先で働くうえで行う行為に通勤があります。
大抵の人は毎朝、満員電車で会社まで通っていると思いますが、この行為は果たして必要でしょうか。
電車遅延のリスクや、満員による体力や精神的負荷も発生します。
今後はオリンピックも控えているので、ますます混雑が予想されます。
エンジニアのような集中力が必要とされる職種において、始業前から集中力を乱す行為はデメリットになりかねません。
働く場所を選ばないことで、上記のような負担をなくし、生産性を上げることができます。

現状、在宅勤務は採用可能か?

システム開発には多くの工程が存在します。
要件定義、基本設計、詳細設計、開発、単体テスト、総合テストなどです。
そしてこれらの作業をチームで行うことが前提とされます。

開発は一つの部屋で行うほうが効率的だと言われることがあります。
問題があれば、すぐにコミュニケーションがとれるからです。
しかし在宅勤務の場合、ひとつの部屋で開発を行うよりも、コミュニケーションを高めることが難しくなります。

オンライン会議や設計書の共有をしていても、設計書の内容を完全に理解することは簡単ではありません。

在宅勤務は将来性があり、システム開発に向いています。
しかし、現在採用することが必ずしも正しいとは言えないと思います。
個人の集中力、生産性はもちろん上がりますが、チームとして考え、採用するべきです。

人手が足りず、在宅勤務採用も検討中でしたら、弊社のワンダーロボも検討してみてください。
設計書は日本語で記述可能、設計以降の業務をロボットにより、自動コーディングいたします。
設計書の内容は簡単に理解できますし、最終的にソース出力も可能です。
設計内容をアップすれば、成果物が出ますので、今までの問題も解解決できます。

是非ワンダーロボにお任せください。
下記のお問い合わせよりご連絡いただけましたら、専任のコンサルタントより、ご連絡させていただきます。

ワンダーロボの紹介動画


この度、ワンダーロボの紹介動画を作成いたしました!

いかがでしたでしょうか?

ワンダーロボは、技術者が基本設計、結合テスト以降の開発工程に注力し、詳細設計から開発・単体テストはワンダーロボに任せるによって、必要な開発プロセスを大幅に短縮できます。

最終的には、設計書とSpringMVC+Mybaticのファイル構造でのソースコードをご提供いたします。
稼働環境上に配置すれば、即実行可能です。
エンジニアの方にはなじみ深い、Githubとの連携により、修正されたソース内容の確認が可能です。

少しでもご興味ありましたら、下記のボタンよりご連絡ください。
専任のコンサルタントより、ご連絡いたします!

すべての人がシステムを作れる時代へ



ワンダーロボではExcelに基本設計を記述することにより、その後の業務をワンダーロボが代わりに対応してくれます。
詳細設計、開発、単体テストをJAVAコーディングロボットで行うことができます。

受領した仕様を基に自動コーティングするため、仕様漏れを防ぎます。
設計書はすべて日本語で記述いたします。
ですので、日本語ができる方で、記述のやり方を教えてもらうだけで、システムを作ることができます。

例えば、IT技術を誰も持っていない企業様の場合、
エンジニアとして新しく人を採用するのは難しい場合があります。

理由としては、技術力が正しく評価されない場合があることや、
技術力を高められる環境がないなどあったりするためです。

こうした状況の場合、新しくエンジニアを採用することも、簡単ではないかと思われます。
ワンダーロボは、このような事態に対応が可能です。

社内で作りたいシステムがある場合は、コーディング力ではなく、ワンダーロボの使い方を知っていれば、
様々なシステムを作ることが可能です。

作りたいシステムの難易度にもよりますが、通常のシステム開発よりも、早いスピードで開発でき、
作成したエンジニアがいれば、調整も可能です。

勤怠管理システム、営業支援システム、人事評価システムなど、一人で色んなシステムを作ることができます。

Excel設計書の種類について

Excel設計書は全部で8種類ございます。

システム設計シートでは、システム全体の設定をします。
権限設計シートでは、メニューまたは利用グループごとに、権限を設定できます。

スタイル設計シートでは、画面項目ごとに見た目の設定ができます。
テーブル設計シートでは、必要なデータベース情報を設計します。

ビュー設計シートでは、テーブルから任意の項目を取得するデータベースを設計します。
画面設計シートでは、システムに必要な画面の設計をします。

画面詳細設計シートでは、画面内の処理などを設計します。
帳票設計シートは、システムが発行する帳票を設計します。

これら8シートを日本語で記述することにより、設計書を作成します。
作成した設計書をワンダーロボに読み込ませることで、システムを自動で構築することができます。

英語やプログラミングの画面などで、挫折してしまう方も世の中に多く存在します。
ワンダーロボでは、Excelと日本語が最初の段階で必要になりますが、上記の二つよりも、
日本人にはなじみがあるはずです。

プログラミングの必修化や、開発のしやすさにより、これからの時代は、
企業に一人エンジニアがいて当たり前の時代になるかと思われます。

ワンダーロボでは、デジタルトランスフォーメーションを推進し、
人々の生活をより良いものへと変革していけるよう努めています。

是非一度、ワンダーロボをお試しください。
下記の申し込みボタンより、ご連絡お待ちしております。

ワンダーロボ開発製品②「i勤怠@工事日報」のご紹介


i勤怠@工事日報とは

前回に引き続き、今回もワンダーロボにて開発された製品をご紹介していきます。

今回ご紹介するのは、「i勤怠@工事日報」になります。
「i勤怠@工事日報」は、i勤怠を工事現場向けにカスタマイズした勤怠管理アプリです。

工事現場での勤怠管理は、現場が変わることがあり、どの現場でも使うことができるものが必要になります。
また、直行直帰・手書き日報など、管理側が正確に情報を把握できる体制が整っていないことが多くあります。

i勤怠@工事日報は、携帯アプリで打刻・日報など、1日に発生する報告業務(勤怠・日報・経費)を、1つのシステムでまとめて行うことができます。
社員は携帯電話で簡単に勤怠報告ができるため、直行直帰や急な現場移動にも対応可能です。
こちらが実際の画面になります。
打刻の場合は、出勤や直行など、どちらかのボタンを押すだけで出勤申請が行えます。

管理側では、工事現場社員の管理業務(勤怠・日報・経費)をリアルタイムに確認することができます。
また、現場を離れる「中抜け時間」にも対応することができます。

働き方改革関連法をご存知ですか?

2018年6月29日に働き方改革法案が成立し、2019年4月以降、大企業にて、改正法が適用されています。
改正法の適用については、大企業・中小企業によって実施時期が異なり、中小企業では2020年4月より実施されます。

働き方改革関連法により、正確な労働時間をいかに把握するかという点が重視されています。
現場で作業する方が多い業界では、勤務時間の把握が難しくなってきます。

工事日報は、建設業界に特化した勤怠管理システムです。
建設業界に限った話になりますが、働き方改革関連法に対応できるよう開発を進めてきました。

「働き方改革 時間外労働の上限規制」への応援キャンペーンとして、
2020年3月31日までのご契約の場合に限り、通常10万円の初期構築費用が、半額の5万円でご対応いたします。

工事日報にご興味がある方は、是非ご連絡ください。

ワンダーロボ開発製品「i勤怠」


i勤怠とは何か

今回は、ワンダーロボにて開発された製品「i勤怠」についてご紹介していきます。
i勤怠を一言で表すと、どこでも使える勤怠管理アプリです。

アプリのため、パソコンを必要とせず、従業員のどなたでも使用することができます。
Andoroid、iphoneのどちらでも対応が可能です。

アプリを開き出勤ボタンを押すだけの簡単な操作ですので、
説明を受けることなく使うことができます。

社内・社外どこでも打刻することができ、経費申請や日報も行うことができます。
現場側では出退勤をスムーズに行うことができ、管理側はデータにて状況を簡単に把握できます。

入力情報はサーバー送信後、端末には残らないので、管理面でも安心です。

下記のサイトでは、i勤怠のより詳しい情報をご紹介しています。
https://saasforce.co.jp/Product/kinmu/index.html

JAVAコーディングロボットでの業務効率化

今回ご紹介しましたi勤怠は「ワンダーロボ開発ソリューション」によって、開発された製品です。
JAVAコーディングロボットにより、コーディング作業を自動実施して開発しました。

できあがった製品の「i勤怠」は、勤怠管理をあらゆる場所で行うことができ、
リアルタイムで管理者まで情報を共有することができるので、業務効率化につながります。

「ワンダーロボ開発ソリューション」は、開発工程にAIを活用し、開発業務を効率化することで、
短納期、低単価、高品質でシステムを開発できます。
さらに開発されたシステムでも、業務効率化を行うことが可能です。

ワンダーロボによる開発のため、カスタマイズも行っております。
開発コンサルティング、機能強化に向けた開発支援も可能です。

現在、レガシー化されたシステムをお使いの場合は、
「ワンダーロボ開発ソリューション」をご活用ください。

メールの場合はこちらから

フォームはこちらから

お問い合わせフォーム