現場ですぐ使える「SpringMVC+Mybatis」のJAVAコーティング・ロボットを好評派遣中!

クラウドとオンプレミスの違いとは?


クラウドという言葉が一般的になり、様々な場所で使われるようになりました。
しかし、クラウドとは何か?という方もまだまだ多く存在します。

クラウドとよく比較されるもので、オンプレミスというものがありますが、こちらに関しては知らない方も多いと感じています。
今回は、クラウドとは何か?よく比較されるオンプレミスとは?について解説していきます。

クラウドとは?

クラウドとは、クラウドコンピューティングの略称です。
インターネットを経由して、離れたところにあるソフトウェアやデータを利用して、ユーザーにサービスを提供する形態のことです。
この形態で提供されるサービスを「クラウドサービス」と呼ぶこともあります。

メリット

クラウドは、ユーザーがサービスを所有するのではなく、必要な機能を必要なときに利用することができます。
サービスの購入費用について悩まずに利用開始できます。

システムを自社で一から構築しようとすると、多くの工程や時間を必要とします。
しかし、クラウドサービスを利用することによって開発期間を短縮し、素早く運用することができます。

自分のPCやハードウェアにデータを保存している場合、定期的なメンテナンスは欠かせません。
しかし、クラウドは運営元が管理およびメンテナンスをしているため、ユーザーによるメンテナンスは不要です。

デメリット

クラウドは社内で構築したシステムではないため、利用には制限が設けられていることがあります。
そのためカスタマイズに制限がかかることがあります。

また、データの送受信がインターネットのため、クラウドサービスがサイバー攻撃を受けた場合、クラウド上に保存していたデータが漏えいする可能性があります。

SaaSとの違いとは?

クラウド関連で調べた時に、よくSaaSという言葉がでてきます。
SaaSは「Software as a Service」の略で、従来はパッケージとして提供されていたソフトウェアを、インターネットを経由して使えるようにしたサービスのことです。

基本的には、クラウドとSaaSはほぼ同じ意味で使われています。

ユーザーは、ソフトウェアをパッケージとして購入する必要も、インストールする必要もありません。
そのソフトウェアを必要に応じて使いたいときだけ利用し、有料であれば使用した分の使用料を支払う形態のサービスです。

ユーザーがSaaSを使うメリットは、上記のソフトウェアのインストール不要といったこと以外に、さまざまな場所にある端末から同じデータを使って利用できること、アップデートを自身で行わなくても、常に最新バージョンのサービスが利用できることなどがあります。

オンプレミスとは?

オンプレミスとはひとつの企業内で、物理的に構築されたシステム形態のことです。
ネットワークやサーバはすべて自社内に置いており、すべてのシステムが社内で完結しているのが大きな特徴です。

メリット

オンプレミスのメリットは、安全性に優れていることやカスタマイズ性の高さがあげられます。

ひとつの企業の中に構築されているネットワークを使用するので、データが外部に出ることはありません。
社内の有線ネットワークを使っているので回線速度や質が安定していることも大きなメリットです。

自社内ですべて運用しているため、カスタマイズの自由度が高く、社内システムとの連携も取りやすいというメリットもあります。

デメリット

デメリットとしては、費用面の高さ、障害時の対応などがあげられます。

自社内で構築・運用を行うため、機器やエンジニアなど、費用面が高くなってしまいます。
普段の運用と保守はもちろん、トラブル対応も自社で行わなければなりません。

もし会社が自然災害にあい、システムが被害にあった場合は、ほかの場所でバックアップを取っていなければ、データ復旧は困難になります。
例えデータのバックアップを取ってあっても、自社システムは一から構築しなければなりません。

オンプレミス回帰とは?

日本では現在、クラウド移行が行われていますが、近年『オンプレミス回帰』という言葉がでてきています。
クラウドを利用して構築していたシステムを、オンプレミスに戻すということです。

海外の企業でクラウドを実際に使ってみたところ、コストや運用管理などの面で期待通りの成果が上がらないといったケースも出てきています。

日本ではまだそこまで話題になっていない話ですが、今後はクラウド・オンプレミスの選定を自社の状況を考えながら行う必要性が出てくるかもしれません。

クラウドとオンプレミスの違いとは?

クラウド・オンプレミスを取り上げてきましたが、双方の違いについて、もう少し深堀りしていきます。
下記の表でクラウド・オンプレミスを比べてみました。

オンプレミスとクラウドの違いは、コストやセキュリティ、導入期間などの様々な場面に表れています。
どちらもメリットやデメリットが異なるため、自社に合ったシステムを導入することが大切です。

会社のスタイルを模索して使い分けよう

クラウド、オンプレミス、双方を比べてみました。
互いにメリット・デメリットがあり、正直なところ、一概にどちらのほうがいいと断言はできません。

クラウドはとても便利で、これからも使われ続けられるでしょう。
しかし、特殊なシステムや高度なパフォーマンスを要件とするシステムは、クラウドよりもオンプレミスの方が良かったりします。

クラウドが流行し、オンプレミス回帰などの情報も出てきたことで、利用する側からすると、何が正しいか判断が難しい状況だと思います。

クラウド・オンプレミスの選択は、企業が何を求めるかによって異なると思います。
車を買う・リース・シェアするといった感じで、利用する人によって一番使い勝手がいいやり方を模索し、会社にあったやり方で運用することをお勧めしています。

弊社では、自動システム開発ロボット「ワンダーロボ」を展開しています。
クラウド・オンプレミスのどちらでも開発が可能です。
ご状況に合わせたシステム開発が可能ですので、お困りごとがございましたら、是非ご連絡ください。

お問い合わせはこちら

システム開発を内製化するには?採用とローコードツールについて


システム開発を素早く行うために、社内で開発体制を整えたいという声が多くなってきています。
ではなぜこのような声が増えてきたのでしょうか?
今回はシステム開発の内製(インハウス)化について解説していきます。

開発にスピード・柔軟性が求められる時代

ITがビジネスや生活で活用されることが増えてきました。
この影響で、システムやアプリの開発サイクルには大きな変化がもたらされました。

以前に比べ、格段に変化が早くなった市場のニーズに応えるためには、スピード感を持った業務アプリケーションの開発が必要です。

既に海外では、短いサイクルで開発工程を繰り返すアジャイル開発や、システム開発を素早く行うことができるローコード開発ツールが参入してきています。

コロナウイルスの影響もあり、ITを活用したビジネスが加速し、DX(デジタルトランスフォーメーション)が重要視されてきています。

こうした時代に対応するためには、システム開発を素早く・柔軟に対応できるような体制が必要になります。
システム開発を素早く行うために、社内で開発を行う内製(インハウス)化が話題になっています。

システム開発の内製(インハウス)化のメリット・デメリット

社内で開発を行う内製(インハウス)化が話題になっているとお話してきましたが、実際に内製化をするメリットやデメリットもお話しておきます。

内製化のメリット

内製化のメリットはいくつかあります。

1つ目は、現場からの要求に応じて、迅速かつ柔軟に対応することが出来るスピードの速さです。
外部に委託した場合は、納期などが決められており、急な仕様変更などは難しい場合があり、追加分のコストもかかります。
社内にエンジニアがいることにより、急なシステム対応ができ、コストも抑えることができます。

2つ目は、社内の業務に詳しい人間が開発することにより、ユーザー側のニーズを把握し、システムに反映させることができることです。
外部に委託した場合に比べ、ユーザー側の気持ちをくみとったシステム開発ができるようになります。

3つ目は、開発したシステムの中身を正確に把握でき、今後の追加要望にも対応できることです。
システムを把握した人間が社内にいるため、機能追加する場合など、スムーズに対応することができます。

内製化のデメリット

社内システム内製化の主なデメリットは、開発に必要な人材を人数分確保し、維持してくことがあげられます。
開発時に何とか人をそろえて開発したものの、のちに開発者がいなくなり、システムがブラックボックス化してしまう可能性があります。

上記のような場合になると、内製化が無駄になってしまう可能性があります。

もう一つが、品質の問題です。
開発を主に行っている外部のIT企業に開発を頼んだ場合、品質はある程度保証された状態で納品にされます。

内製化した場合、経験や人数面などが外部に比べ少なかったり、要望を反映させるために納期が短かったりと、品質が落ちる可能性があります。

内製(インハウス)化に必要なもの

システム開発を社内で行うためには、エンジニアが必要不可欠になります。
日本企業は海外の企業に比べ、システム開発を外部で行うことが非常に多く、社内にエンジニアがいないことも珍しくありません。

そのため、システム開発を行うことができるエンジニアの採用活動や、社内から開発できる人材を育成する必要があります。

しかし、外部からエンジニアを採用するのは意外と難しく、中々すぐには見つからないことが多いです。
そんな時は、社内で人材を教育するやり方があります。

開発言語を一から覚えるのは、ハードルが高く、実現が難しい場合もあります。
そんな時は、ローコード開発ツールがおすすめです。

ローコード開発ツールとは?

ローコード開発とは、普段はプログラミングをせずにシステム開発をして、必要に応じてプログラミングでの拡張もできるシステム開発ツールです。
プログラミングを高レベルまで上げることなく、システム開発を行うことができます。

似たもので、ノーコードと呼ばれるものもあります。

違いとしては、ノーコードはプログラミングせずにシステム開発を行い、ローコードは必要に応じてプログラミングでの拡張もできるというところです。

プログラムを追加することで、既に用意されたシンプルな機能をさらにカスタマイズすることができ、ローコードの場合はより高機能なシステムを開発することができます。

従来の開発手順を省略しながら、値段を安く・早くシステムを作成し、大規模なシステムも視野に入れることができます。
スピードが求められている現代では、ローコードツールの導入を考える企業も増えてきています。

内製(インハウス)化が難しい場合はどうするべきか?

時代の変化により、内製(インハウス)化が話題となっていますが、正直なところ簡単ではありません。
社内にエンジニアを採用することや、ツールを導入して社員の方を教育するなど、やり方は様々ですが、始めるのにはハードルが高いのではないかと思います。

そのような場合は、素早く・柔軟に対応してくれる外部の会社を探すことをお勧めいたします。
弊社では、ローコード開発ツールの「ワンダーロボ」や高速に開発ができる「高速開発体制」を整えています。

ご相談だけでも構いませんので、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら

メールの場合はこちらから

フォームはこちらから

お問い合わせフォーム